トイレトレーニング 海外ではいつから?

Sponsored Link

海外のトイレトレーニングも諸事情があると思いますが、
その国に紙オムツが普及しているか、いないかで
大きな分かれ目があるように思います。

トイレトレーニング 海外事情

海外では紙オムツが買えない、
そんなものを見たことがないという国もたくさんあるからです。

大まかに言われているのが子供と密に接するアジアでは、
比較的オムツをはずすのが早い
とされています。

また、母親の育児の軽減を重視する欧米では、
紙オムツの時期が他国よりも長いと言われています。

ベルギーなどでは、2歳半から幼稚園に入園できるそうですが、
入園の条件がオムツがはずれていることとなっている幼稚園が大半らしく、

入園をさせようと思えば
2歳半までにトイレトレーニングを
完了させなければいけないことになります。

アメリカでは2歳位からトイレトレーニングを始める人が多いそうですが、
保育園などでは2歳から3歳のクラスに上がる時に、

オムツがはずれていないと進級できなかったりするので、
このことが影響しているかもしれません。

ロシアなどでも紙オムツは普及しているそうですが、
物価に比べると高価なものであるため、

1歳前後にはトイレトレーニングを始めるのが主流のようです。

トイレトレーニング 海外ではいつから?

1歳前後というのは、ロシアは寒い所が多いので
トイレトレーニングを始めるなら夏!

と季節がほぼ決まっているらしく、
子供が夏を迎えた時点で1歳になっていなくても始める
という事情もあるようです。

国によっては布オムツすらつけず、
赤ちゃんの時期は何もはかせないという国もありますので、

お国柄というか本当に千差万別です。

日本はといえば、およその目安は幼稚園入園までにといったところでしょうか。
幼稚園によっては「入園前までに家庭でおむつを外しておくように」と
指導がある場合も多いですね。
(保育園の子も3歳児クラスが目安となると思います。
保育園と連携しながら家庭で同時にすすめていく形が多いようです。)

Sponsored Link