タイミングがわからない

『えっ?さっき出たばかりなのに?」 オシッコで濡らした下着を手に思わずため息。 トイレトレーニングは想像以上に失敗の連続です。 前のオシッコから間隔が開かずに 次のオシッコが出てしまうと、 親としてはいつトイレに連れて行ったらいいの? と煮詰まってしまい、 せっかく掴みかけたタイミングがわからなくなり、 自信を喪失してしまいます。 しかし、オシッコ

続きを読む

トイレトレーニングで家の中が水たまり

紙オムツをしていると 子供はオシッコをした感覚があまりわからないので、 トイレトレーニングを始めてトレーニングパンツや 普通のパンツを履かせてみると、 最初のうちは家の中にオシッコの水たまりができることもしばしばあります。 それほど紙オムツの吸水性が優れている証拠で、 子供はそれまで遠慮なくオシッコを出していたので、 パンツにしたからといって途中で止めることは

続きを読む

隠れてするようになったら

トイレトレーニングの1番の難関が、親に隠れてするようになった時です。 オシッコやウンチを隠れてするということは、 ある程度の年齢がいっていて(2歳~4歳)、 知恵もそこそこついている証拠なので、 こうなると長期戦を覚悟しなければいけません。 なぜ子供は隠れてするようになるのでしょうか? 紙オムツでオシッコやウンチをすることに慣れてしまって、 その状態が

続きを読む

パパの失言

紙オムツという文明の力! 大変便利なものを横目に、トイレトレーニングを必死に教えて 日々我が子と格闘する母親に対して、父親はどうでしょうか。 育メンという言葉も出てきているように、 子育てをするお父さんの中でも積極的に何でもやってくれて、 トイレトレーニングにも一緒に頑張ってくれる人がいるかもしれません。 しかし、父親的には紙オムツという便利なものがあるのに、

続きを読む

子供の言い分

「なぜトイレに行かなくちゃいけないの?」。 それまで紙オムツをつけて、 その中にオシッコやウンチをするのが当たり前だった子供にも言い分はあります 紙オムツが普及する前の布オムツの時代は、 トイレのしつけは親の急務でした。 少しでも早くトイレでしてくれるようになれば 洗濯や掃除が格段に楽になるため、 子供がトイレトレーニングをされたことも 覚えていない時期

続きを読む
<